2016_11
19
(Sat)17:29

ありがとうございました

窓の外に ジョンのしっぽが跳ねて見え あれ?っと 外をみますと
落ち葉と一緒に舞う白い紙でした
そう そんなはずはないよね
昨夜は すごい雷雨で ジョンのことが気になって 目を覚ましてしまいました
そっか もう そんな心配はいらないのだ
なんだか まだ 実感がわいてこなくて
台所のドアを あけるときに ジョンが寝ていないかと確かめてしまいます

このブログ始まってより常に皆様にかわいがっていただいてきたジョンも
虹の橋を渡っていってしまいました

余命宣告を受けてからの 温かい励まし 優しいお見舞い 心配してご訪問くださった皆様
様子も知らせずほったらかしですみませんでした

コメントのお返事もできなかったこと なにとぞご容赦ください

そして
長い間のたくさんの愛情
本当にありがとうございました
  DSCF3893.jpg


ジョンは かなりひどい状態だったと 
最後の獣医さんの診察で分かりました
 
詳しい検査をするには リスクのほうが大きすぎるということで 正確な病名は出ませんでしたが
老衰だけが原因ではなく いろいろな病気がかさなっていたようで
脊髄性神経麻痺症といった どうしようもない重篤な病気もでていたそうです
神経の麻痺は全身に広がり 動けなくなり 最後には 呼吸もできなくなるし 臓器も動かせなくなるのだそうです
頑張って頑張って 生きていてくれました

デッキの下で けいれんを起こし 泡を吹いていた夜
どうやって 足が硬直していたジョンを ひとりで引っ張り出したのか はっきりとは覚えていません

あの人も寝てしまった後 どうしてもあきらめきれず
「ジョンジョン こんなんとこで逝っちゃいやだ!!」となきながら
板や毛布をで滑らせて 出したように思います
もう脱糞もしていました 目は 開いたまま動きません
でもまだ生きていました

急に寒くなると 天気予報で言っていた10月の最後の夜だったと思います
とりあえず 糞の始末をしました
目はあいたままでしたが息はしていましたので
冷たく硬くなった足をマッサージして 注射液で水をたくさん流し込み
ジナンの夏布団をかけて 一息つきました

「ありがとう。 もういいよ・・・ ゆっくり お休みね」 と 
お風呂にはいったのは3時過ぎ 横になったとき 新聞配達のバイクの音がしました
「奇跡というものがあるなら 見せてください」とか そんな ふてぶてしいお祈りをしたのを覚えています

うとうとしたと思ったらジョンが立って現れ 「ウォン!」と吠えました
ジョンがお別れに来たのだと 急いでおきあがりますと
ほんとうに小さいけれど「クォン、クォン、」という声
あの人も目を覚まし 
「ジョン?よね・・・?」「よね・・・」 どちらともなく外に飛び出しました

夜中に作った寝床にはいなくて
台所のドアの前で寝ていました 動いたのです
見開いたまま瞬きもなかった目は はっきり 私の顔をみました

その日はお天気が良く
わたしは 1日中ジョンの傍にいました
私が ちょっとでもその場を離れると ジョンは クー と声を出し 呼びました
注射器(針はありません^^;)で口に入れてやる水を  たくさん 流しながらも飲み  催促もしました
脱糞で汚れた毛を切り取り
よだれで硬くなった毛も切り取り
やせ細った体をなでながら 空をみました

ジョンの表情はとても柔らかく
私も満ち足りていて こんな幸せも あるものなのだ と 思いました

1日だけの ささやかな 奇跡でした

その二日後にジョンは 逝ってしまいました

最後は  穏やかなものではありませんでした
口の腫れものが破れ 血膿で窒息しそうだったので
病院で処置してもらったのですが
その帰り車の中で 発作を起こし苦しみ
玄関にベッドを作ったのが 間に合いませんでした

もう 本当に戻ってこないと わかった時
涙は出ませんでした
良かったね これでもう 苦しくないね と 開いた眼をなでて閉じました
動物の死骸なんて触れない と思っていたけど 
ジョンは別でした

私も介護疲れが出て 髪は真っ白 歯が腫れあがって 治療できない状態
食欲は落ちてはいませんが 食べれず免疫力低下で 要安静です
でも
もっとできることがあったような
やることなすこと まちがってばかりいたような
私のエゴだけで ジョンを苦しめてきたような・・・
そんな思いばかり巡って 
今まだ 出るのは 悲しみの涙とは別の涙です
ただ ジョンの元気なころの写真は 見るのがつらく
ここに 貼りたい気持ちもありましたが 貼れませんでした
ジョンだけが楽しみでここ覗いてるのに という ジョンファン様には 誠に申し訳ございません









スポンサーサイト
2016_10
13
(Thu)22:45

いつもの風景を見る

ミルクひと舐めもしなくなったジョンですが
生ごみを出しに行こうとするとやっぱりついてきます

でも 今日は 玄関前で 動けなくなりました

あの人もジナンも無理して嫌な病院に連れて行かず
好きにさせてやろうという考えです
私も頭ではそう思いますが 気持ちはあきらめきれず

明日も 明後日も 少しでも 一緒に暮らしたくて
獣医さんに電話を入れ 大急ぎで 連れて行く準備をしました
すると 何やら察したのでしょう デッキの奥に入り込んで どんなに呼んでも出てきません
デッキに潜っていくと
目で きっぱり拒否されてしまいました

そうね 延命を と願うのは 私のエゴかもしれない



いつものように 草焼を始めると
デッキの下から ごそごそ 出て来て 
火の番 しようとします

DSCF3907.jpg

でも 火に挑みかかろうとして 地べたにへたり込んでしまいました
もう無理だよ・・・「あっち!」と 今日は 小さな声で言ったのですが 
自分でも 無理なのがわかったのか 擁壁の端にいきます

DSCF3914.jpg

午後中ずっと そこに寝ていました

DSCF3921.jpg

たまに 少し頭を上げ
庭をあちこち動き回っている私を目で追います




夕方 もう このまま 目を覚まさないかもというくらい 
ぐったりとしていましたが
私が そばに行くと 目をあけました

DSCF3937.jpg

少し いっしょに ジョンの見ている景色を眺めてみました

DSCF3947.jpg


ジョンの大好きな ゴミ出しの散歩道は もう秋です

DSCF3933.jpg


2016_10
12
(Wed)16:46

今日も ジョンはいてくれました

4時に ジョンの様子を見に行きました
ジョンは 息をしていました
苦しそうな声が漏れます

明るくなると 起きてきて お父さんをお見送りしようとしていました

急いで 牛乳を持って行ったのですが ひと舐めもせず
またすぐ 横になり苦しそうな息をしていました

DSCF3906.jpg

それでも ゴミ出しに行こうとすると 起き上がって きました
フラフラなのに いつもの散歩道を よたよたとついてきました
まっすぐに歩けないようで 端っこによってしまいます

DSCF3882.jpg

一昨日月曜日はまだ 歩けていたのに 
今日はもう足が上がらないらしくズリ刷り音を立てていました


DSCF3874.jpg

あまりに遅いので 私一人で先にゴミ出しに行って戻ると
半分くらいまで来ていました
ちゃんと いつもの場所でマーキングも してきました

DSCF3884.jpg

ミルクも 一舐めだけ してみました
やはり飲めません
DSCF3838.jpg

それでも 私が外に出ると 横にくっついてきて
家の中にはいると 中の私の一番近い窓辺で 
デッキをよだれだらけにして 寝ています
DSCF3865.jpg

最後のその時まで 
いつものジョンでいるつもりのようです

DSCF3870.jpg

2016_10
11
(Tue)11:56

生きていてくれるだけでいいから

朝 ジョンが 生きているのを見るとホッとします
でも もういよいよ かなとおもわれます
DSCF3826.jpg
唯一命をつないでいた 大好きだった シニア用のビーフ煮込みも
全く食べなくなりました
スポイドで 好きだったレバースープや 牛乳を口に数滴おとしても
そのまま 流します

吐き気もするようですが 戻すものもありません
寝ていてもくるしいようで ときどき かすかに声を出しています


2016_10
06
(Thu)14:14

台風18号去って ジョンは…

昨日は 接近しただけで かなりの雨と 時折の突風に ひやひやしましたが

木や草がゆがんだり折れたり散らばったりのほかは 大きな被害もなく

夕方近くには雨も風もやみ

朝には久々の青空

DSCF3825.jpg


秋風と木漏れ日が心地よさげなジョンですが
DSCF3823.jpg


実はこれ いつもの姿・・・きついのです よれよれなのです

食欲もなく 弱り切っている上に


どうも口の中が痛いようなのです

虫歯か あるいは 野良にゃんに食らったねこパンチで負傷したか ・・・
DSCF3814.jpg


野良にゃんは 日に日に態度がでかくなってきて

ジョンが食べてる餌も奪おうとするのです



歯がなくなってきて 一生懸命 食べてるジョンに 牙をむいてひっかくのです

DSCF3741.jpg

以前は 餌を少し残して譲ってもらっていたのに恩知らずなにゃん


同じものを用意してやっていても

ジョンのほうにいく 過激なギャング野良にゃんに

誰かがついていないと すぐあきらめて 野良にゃんに奪われる よぼよぼジョン



むかしから大好きだった市販の 味付きにおい付きおやつのシニア用

獣医さんには 禁止されていますが

これだけは 口痛そうにしながらも 食べるので 今はもう これで 命をつないでおります


昨夜は 食べ終わるまで私がついていましたが(長いんだぁ これが・・・;)

私には追っ払われないものと でかい態度のにゃんたら

私の見る前で ジョンの食べてるエサ入れに近づき・・・おおおお・・・@@))

・・・と、ジョンも ついに「がう!」と怒りました にゃんも私もびっくりしたぁ@@;

ジョンだっていざとなれば 怒るのね こわかったわぁ

老いたりとはいえ まだ牙も残っています 頭からがぶりとやられたら ひとたまりもありません

そういうのは見たくないので ジョンが食べているときには

野良にゃんを追っ払らうようにしました

う~~野良にゃん;; やっと 私のすぐそばで 餌食べるようになって・・・

ついつい 甘やかして 調子に乗せてしまいましたー;;

失敗ばかりの安穏です


2016_09
21
(Wed)08:32

台風16号は 逸れ・・・

直撃するかもと 心配していた大型の台風16号
ここ福岡県の北部は逸れましたが
すごい雨でした

梅雨の長雨
夏の日照り猛暑
そしてまた豪雨・・・

・・・ガイアは怒っているのでしょうか・・・

多湿 酷暑 急な気温低下また多湿  老体に心臓発作に皮膚炎。。。疲弊しきったジョン
かゆみと熱が収まり ようやく気持ちよさそうに眠っています

  網戸を開けると目を覚ますので網戸越しに こそっと パシャ
20160904ジョン爆睡
      (Σ 網戸ほこりが・・・f^^;)
目を覚ますと ごはーんとさいそく 「Won」をするようになりました
でも食べる量は少なく・・・以前の3分の1くらいを時間をかけて食べています
ごはんは 粒がゆ状態に煮込み
野菜はすりおろし 肉ももう食べづらいようなのでミンチや豆腐
本当は止められてるけれど 大好きなソーセージ・・・刻んでごく少量でも 振りかけないと食べません

息子たちに独立されてしまった安穏は 離乳食作りを思い出して ちょっとうきうき
2016_09
17
(Sat)17:07

ばてていました

なんと広告出てしまいました
ほったらかしのブログに立ち寄ってくださり
心配していってくださっていた皆さん ありがとうございました

ご心配おかけしてすみません
DSCF3536.jpg


夏バテよりひどい秋バテで
私もジョンも 今なお 抗生剤を飲み続けています

201609ジョン皮膚炎4
ジョン 
ようやく涼しくなってほっとしていたところ 

食欲が パタッとなくなり
元気がなくなったところに
虫刺されから ばい菌が入ったらしく
今回こそダメかと思っていましたが 
何とか持ち直してくれました

20160909ジョン皮膚炎1

薬を飲ませるのに 大好きな ソーセージや チーズに入れていましたので
全く塩分のない自然食(?)より おいしい加工品を欲しがっているのもあって
少ししか食べません 

「もう年なんやから 好きなもん喰って 好きなように過ごして 寿命が縮んだなら そっちの方が幸せとちがうか?」

と 食事療法で苦労してきたあの人は言いますが・・・

生きていると
食べ物のほかにも ほんの小さな喜びはあります
食べ残しを 子どもの野良にゃんが食べに来るので
ジョンは なんだかすこし うれしそうなんです
ジョンのほうは歓迎のつもりで
おともだち。。。と のっそりそばによっていくようなのですが
野良にゃんのほうは でかい犬なんかだいきらいですよね
野良にゃんのすさまじい反撃を食らっています
これを 喜びといえるかどうか・・・これを 素敵な出会いといえるかどうかは ビミョーですが・・・^^;

そのほかは ジョン爺は 心地よくなった風に吹かれ
木陰で
 1日のほとんど眠っています




2016_07
04
(Mon)15:50

今日のジョン

激しい雨が降ったりやんだり・・・の どんぐもり

降り終わると 

じゅわっと一斉に 蝉の大合唱

あづ~~い うざうざうざ あずあずあずず~~~~
 ((この時期の蝉の声って暑苦しい~~))

時折 ゴロゴロごろ…と 雷様もないています

DSCF3432.jpg


雷がなると 吠えまくっていたジョンですが

さすがにもう そんな元気はなく 一度ワンと吠えただけで
横になっています

でも私が外に出ると 起き上がって

お行儀よくお座りして待っています
 
DSCF3449.jpg

お座りが きれいにできないのは 生まれつきのようですが

DSCF3448.jpg

最近はますます 足 特に右足に力が入らなくなってきたようで
おすわりから 4つ足で立つのに 失敗したりします

DSCF3446.jpg

何を待っているかというと・・・
DSCF3452.jpg

なでなで

特に足のマッサージは気持ちよさそうです

DSCF3454.jpg


足の付け根あたりの腹部が 少し腫れているように思えます

獣医さんは 腹水かもしれないと おっしゃっていましたが 

腫れは ひいたり 出たりしますし 何かは不明 

さわると痛いのか 嫌な顔をしますので そっとしておきます

明日死んでもおかしくない と言われてから 1か月が過ぎました

持たないかもと言われた 梅雨を 何とかやり過ごせました

動きもよろよろなのに ゴミ出しについてきます

戻ると どてっと 倒れこむように横になることがあります




濡れタオルで 体をふきながらマッサージししますと

冷やっこいタオルが きもちいい ようです

DSCF3451.jpg

  今日のジョンごはん  ささみといりこのしぐれ煮

     おやつはヨーグルト

ジョン ムシ暑いのは大の苦手ですが  今日も  いい笑顔 見せてくれました 



  *写真  取り込 保存 我流でむちゃくちゃですが できましたー^^v