2016_10
24
(Mon)22:44

こんな形でのお返事をお許しください

応援メッセージやコメントありがとうございます

お返事も pcひらくことさえ できておらず もうしわけありません

ジョンは食べれなくなり、声も出なくなり、
27キロあった体重が15キロにまで減ってしまい
動けなくなってしまいましたが
まだ 生きています
ほとんどデッキ下にいて
「ジョン」と呼ぶと答えようとぐるると声出そうとします


何もせずにはおれず 
苦痛を長引かせるだけかもしれないとも思いながらも
獣医さんからいただいた 栄養剤を 注射器で口に注いでいます
ほとんど こぼれてしまいますし
のみこむのもつらそうですが 欲しい時にはぺろぺろ下を動かします
いらなくなると 口を向こうに向けます

そっとなでるとそのまま逝ってしまいそうなくらい息も絶え絶えです

DSCF3959.jpg
これは 一昨日のジョンです

昨日までは デッキによろよろ上がってきて 水も自力で飲みましたが

今日は ついに デッキ下で 力尽き デッキの上には上がれませんでしたので
土の上で 栄養剤を くちにあててやると すこし舐めました

ジョン とよぶと ぐうぅ・・・と返してくれました
スポンサーサイト
2016_10
13
(Thu)22:45

いつもの風景を見る

ミルクひと舐めもしなくなったジョンですが
生ごみを出しに行こうとするとやっぱりついてきます

でも 今日は 玄関前で 動けなくなりました

あの人もジナンも無理して嫌な病院に連れて行かず
好きにさせてやろうという考えです
私も頭ではそう思いますが 気持ちはあきらめきれず

明日も 明後日も 少しでも 一緒に暮らしたくて
獣医さんに電話を入れ 大急ぎで 連れて行く準備をしました
すると 何やら察したのでしょう デッキの奥に入り込んで どんなに呼んでも出てきません
デッキに潜っていくと
目で きっぱり拒否されてしまいました

そうね 延命を と願うのは 私のエゴかもしれない



いつものように 草焼を始めると
デッキの下から ごそごそ 出て来て 
火の番 しようとします

DSCF3907.jpg

でも 火に挑みかかろうとして 地べたにへたり込んでしまいました
もう無理だよ・・・「あっち!」と 今日は 小さな声で言ったのですが 
自分でも 無理なのがわかったのか 擁壁の端にいきます

DSCF3914.jpg

午後中ずっと そこに寝ていました

DSCF3921.jpg

たまに 少し頭を上げ
庭をあちこち動き回っている私を目で追います




夕方 もう このまま 目を覚まさないかもというくらい 
ぐったりとしていましたが
私が そばに行くと 目をあけました

DSCF3937.jpg

少し いっしょに ジョンの見ている景色を眺めてみました

DSCF3947.jpg


ジョンの大好きな ゴミ出しの散歩道は もう秋です

DSCF3933.jpg


2016_10
12
(Wed)16:46

今日も ジョンはいてくれました

4時に ジョンの様子を見に行きました
ジョンは 息をしていました
苦しそうな声が漏れます

明るくなると 起きてきて お父さんをお見送りしようとしていました

急いで 牛乳を持って行ったのですが ひと舐めもせず
またすぐ 横になり苦しそうな息をしていました

DSCF3906.jpg

それでも ゴミ出しに行こうとすると 起き上がって きました
フラフラなのに いつもの散歩道を よたよたとついてきました
まっすぐに歩けないようで 端っこによってしまいます

DSCF3882.jpg

一昨日月曜日はまだ 歩けていたのに 
今日はもう足が上がらないらしくズリ刷り音を立てていました


DSCF3874.jpg

あまりに遅いので 私一人で先にゴミ出しに行って戻ると
半分くらいまで来ていました
ちゃんと いつもの場所でマーキングも してきました

DSCF3884.jpg

ミルクも 一舐めだけ してみました
やはり飲めません
DSCF3838.jpg

それでも 私が外に出ると 横にくっついてきて
家の中にはいると 中の私の一番近い窓辺で 
デッキをよだれだらけにして 寝ています
DSCF3865.jpg

最後のその時まで 
いつものジョンでいるつもりのようです

DSCF3870.jpg

2016_10
11
(Tue)11:56

生きていてくれるだけでいいから

朝 ジョンが 生きているのを見るとホッとします
でも もういよいよ かなとおもわれます
DSCF3826.jpg
唯一命をつないでいた 大好きだった シニア用のビーフ煮込みも
全く食べなくなりました
スポイドで 好きだったレバースープや 牛乳を口に数滴おとしても
そのまま 流します

吐き気もするようですが 戻すものもありません
寝ていてもくるしいようで ときどき かすかに声を出しています


2016_10
06
(Thu)14:14

台風18号去って ジョンは…

昨日は 接近しただけで かなりの雨と 時折の突風に ひやひやしましたが

木や草がゆがんだり折れたり散らばったりのほかは 大きな被害もなく

夕方近くには雨も風もやみ

朝には久々の青空

DSCF3825.jpg


秋風と木漏れ日が心地よさげなジョンですが
DSCF3823.jpg


実はこれ いつもの姿・・・きついのです よれよれなのです

食欲もなく 弱り切っている上に


どうも口の中が痛いようなのです

虫歯か あるいは 野良にゃんに食らったねこパンチで負傷したか ・・・
DSCF3814.jpg


野良にゃんは 日に日に態度がでかくなってきて

ジョンが食べてる餌も奪おうとするのです



歯がなくなってきて 一生懸命 食べてるジョンに 牙をむいてひっかくのです

DSCF3741.jpg

以前は 餌を少し残して譲ってもらっていたのに恩知らずなにゃん


同じものを用意してやっていても

ジョンのほうにいく 過激なギャング野良にゃんに

誰かがついていないと すぐあきらめて 野良にゃんに奪われる よぼよぼジョン



むかしから大好きだった市販の 味付きにおい付きおやつのシニア用

獣医さんには 禁止されていますが

これだけは 口痛そうにしながらも 食べるので 今はもう これで 命をつないでおります


昨夜は 食べ終わるまで私がついていましたが(長いんだぁ これが・・・;)

私には追っ払われないものと でかい態度のにゃんたら

私の見る前で ジョンの食べてるエサ入れに近づき・・・おおおお・・・@@))

・・・と、ジョンも ついに「がう!」と怒りました にゃんも私もびっくりしたぁ@@;

ジョンだっていざとなれば 怒るのね こわかったわぁ

老いたりとはいえ まだ牙も残っています 頭からがぶりとやられたら ひとたまりもありません

そういうのは見たくないので ジョンが食べているときには

野良にゃんを追っ払らうようにしました

う~~野良にゃん;; やっと 私のすぐそばで 餌食べるようになって・・・

ついつい 甘やかして 調子に乗せてしまいましたー;;

失敗ばかりの安穏です


2016_10
03
(Mon)15:23

故郷へ

台風が 近づいている影響か じめじめ 蒸暑い日が続きます
時々雷鳴も轟く土曜日
幼馴染に会うために
平尾台越えルートで ドライブ。。。一番空いてて 早いだろうと思ったのですが
なんと途中土砂崩れで片側通行
DSCF3781.jpg

そのうえすごい濃霧
DSCF3784.jpg

引き返す車もある中 進みましたよ!
DSCF3787.jpg

山を越えると 霧も雨もなく
もともとが お天気に恵まれているという 豊の国

潮の香満喫
DSCF3793.jpg

海岸の松原の中に鳥居が見えます
DSCF3795.jpg

海岸に続くこの参道が好きで
DSCF3800.jpg

故郷にもどり この神社に来ると ホッとします
DSCF3805.jpg

静かな境内で 久々のおしゃべりをし

いつもの喫茶店に行き

この店に寄っていく 懐かしい人たちの様子を聞き

あたりが薄暗くなるまできゃあきゃあ 方言が飛び交います

     
ママの手作りケーキセット おいしいんですよ~~!!
DSCF3808.jpg
 
    ちょっと早い 友人の誕生会でした

薄暗くなって 立とうとしたら 私のケータイが鳴り
・・・「ほぉら!」3人肩をすくめながら目くばせしあう
・・・「あ~うん まだこっち 今から帰るところ・・・」
待つ人のいない家に帰る友人 曰く  
「そうね いいこともあるね。 さみしいひとり住まいは 時間を気にしなくていい^^;」
「そうね 悪いこともあれば いいことも なきゃね。」
「またおいでよ。」
「うん またね!」

中学校の時は 話した記憶もない
高校の時も とりわけ仲が良かったわけでなくても

確かに 同じ時代を同じ学校ですごした

同級生 ってのは 不思議な関係よね

三人三様の人生 それぞれに しんどいことも いいこともまっている 自分の生活に戻る


とっぷり暮れた家に戻ると あの人は 
お手製のじょんまんまを食べるジョンを
傍でずっと見守っていました
 「ねー じょん おかーさん今頃帰ってきたよ おそいね~~ひどいね~~ 」と言いながら…

  世のご亭主方よ たまには 奥様が 同級生とちょっと贅沢して遅く帰ってきても
  良かったねと ニコニコ笑顔で迎えてくださいよね