りりりりり・・・りーりりり・・・ガシャガシャガシャ・・・
草ぼうぼうの庭 秋の虫の合唱が 耳に痛いほど
あの酷暑はどこへ行ってしまったのやら 
半袖には 少しひんやり来る夜

あの人と二人で 季節外れの線香花火を しました

昔懐かしい線香花火です

まあるい火玉
線香 火玉


火玉ができてからの 美しさ
牡丹?

じっ じじじ・・・かすかだけれど 確かな 音・・・ばしゅばしゅばしゅ・・・


松葉 (2)

最期に一花・・・散り菊 という名もきれいです
散り菊 (2)

じ じ ・・・っと 最期まで 花びらを散らし  
散り菊

闇に残る 香りが また懐かしく・・・
 
福岡県みやま市で作られた手作りの和製花火
今は 花火のほとんどが 中国産だそうで
和製花火は 希少なのだそうです

中国産は 線香花火が 特につまらないのです
私も その 火玉さえできない
できても とたんに ぽトンと落ちる 多分中国産花火の記憶がほとんどなのですが 
とおいとおい記憶の中に くっきりのこる 線香花火が 懐かしく
中国産 日本産 さえ知らないまま に も一度 あの線香花火に会いたいなと
思ってばかり 何十という夏を過ごし 花火遊びもしない夏をかさねておりました

今年の夏はとくに暑さは半端ない
ぎっくり腰で寝込んでからの 体調不調 ケガ連続 
そんなときには きもちの落ち込む事が続くもので・・・
浮上不可能のようにさえ思えていました
夏の終わりに 
あの人の通院ドライブでみつけた 和製花火と

花火になんぞ興味ないはずのあの人が 
ほんの数分でしたが 
花火遊びに付き合って 庭先に出てくれ

まだ 胃痙攣の後の下痢が続き重い体と心が 少し軽く感じました


スポンサーサイト
2017.09.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://wakaba10.blog.fc2.com/tb.php/582-72db8c80